Tリーグ ホーム開催

 16, 2017 22:56
Tリーグ第11節(ホーム)

対 駒澤大学高校B
前半 2-0
後半 2-0
合計 4-0
(90分)

このような結果で終了し、勝ち点3を積み重ねています。

IMG_8595.jpg

(改修後初の試合で、ハットトリックも。今日の得点をした、2年生8番、10番のM君・M君の試合後の背中)

連休2日目となる日曜日の朝、今日の試合は今季Tリーグの後半戦の初戦でもありますが、堀越のグラウンドが改修工事を経て初めて行われたTリーグの試合です。ちょうど、グラウンドの工事も間に合い、予定通りホームで後半戦を迎えることができました。

駒澤大学高校の関係者の皆さんも大勢来場をいただきました。ホームとしてお迎えするということで、選手達も色々な分担の中でより多くの選手達が試合に関わっていました。本当にお疲れさまでした。

IMG_8534_convert_20170716204637.jpg
(レフリー、本部運営、担架隊、ボールパーソン、会場の案内係りなどと試合に関わった選手達)

IMG_8570_convert_20170716205122.jpg
(バックスタンドから、戦況を見つめる選手達)


試合開始の頃には、晴れ間に少し雲があり幾分かは楽でしたが、本当に暑い中での試合でした。


今季ここまで2月の開幕から試合を重ねて、色々な選手が出場の機会を得て積み上げてきました。

完敗という試合も確かにここまでありましたが、先制するも最後に失点をして引き分けとなったり、リードするも何とか追いつき追い越そうとする相手に、一番やりきれないといけない時間帯に簡単に得点を許してから逆転負けという試合も経験したり、ここで決めればというところで攻めきれなかった試合もありました。

そういう色々な経験から積み上げながら、それを力にしての今節。皆で、大きな、成功体験をしたと思います。

リーグとトーナメントが決定的に違うのは、敗けても最終節まで試合が続くということです。そして、引き分けもあります。

結果が出ない時、確かに辛いですね。

トーナメントでは経験ができないことです。一発勝負で勝ち抜くか、敗退かですから。

チャレンジする気持ちがある限り、期待する結果が直ぐに出なくとも、ここまで「勝ちが遠かったという経験」をしたことは、必ず選手達、チームのこれからの力になっているものと思っています。

そもそも勝ち負けのスポーツであるからこそ、そういう経験が力になると思います。ここからですね。

IMG_8551_convert_20170716204604.jpg
(歴史的なキックオフを迎えた今日)


最後まで戦ってみることに、このTリーグには大きな意味があると私は思っています。選手達は、先輩達が最後を迎えた時のことも、良く目に焼き付けていると思います。

次こそ、何とか勝ち点を。そういう積み重ねをしながら戦えるのがリーグ戦です。1戦1戦、目先の結果に左右されずに、積み上げていくこと、

最後までやってみて、全体像の中でどう終わるのか。よって、勝ち点1の重み、得失点1の重みがあります。今は、そのプロセスの真っ只中。何も終わっていませんね。チームは「次」の試合に向かっていくことと思います。

IMG_8548_convert_20170716204417.jpg
IMG_8526_convert_20170716204456.jpg


今日の試合を観ての感想は、この後期の初戦にかける選手達の想いをまずは感じました。皆で戦おう。走り抜こう。そして、堀越らしさ、このチームのストロングポイントが少し出てきたなと感じました。

ここまでの経験が力になっているなと。加えて、試合はグラウンド改修後の最初の試合という歴史的な節目の試合でもありました。

今日は、昨年の選手権の試合以来、負傷からトップチームに遠ざかっていたチームリーダーの1人である3年生のT君が試合に復帰をしてきました。チームが辛い時に、試合に出れなかった本人が一番辛かったと思います。本当に良かったな。そのような気持ちで彼のプレイを観ていました。

また、ここ最近またメンバーに入ってきた3年生が、最後まで攻撃的なチャレンジをしていたことなども印象的でした。

交代で1年生も2名試合を経験しています。

IMG_8576_convert_20170716204918.jpg


結果としてこのような結果に終わりましたが、もっと仕掛けて、ボールを保持していない選手がもっと走って、攻守速く切り替えてやりきれないといけない場面はあったと思います。

しかし、ここまでの試合でやりきれなかった厳しい時間帯も攻撃的に仕掛けてゴールを狙い、一生懸命ゴールを護りとメンバーは頑張っていました。

メンバーの交代枠というものはありますが、この過酷な暑さ、厳しい条件の中でも、出たメンバーがどこまで戦い抜けるかという点にも着目していました。

交代枠を使って皆で経験するということもありますが、やりきる体験ということも今日の試合にはあったように私は感じました。(交代のためにアップをして備えていた選手達の様子も見ていました。)

IMG_8584_convert_20170716203934_convert_20170716204320.jpg
(新たな横断幕が、サプライヤー・スポンサーから2枚贈呈されています。)

自分達のグラウンドでTリーグの試合ができる。今季は、ここから最後まで全て「ホーム」です。 今は、ふさふさの人工芝もやりながら段々と馴染んでいくことと思います。



ゆっくり身体を休めてほしいと思います。

失敗を恐れずに、正々堂々と自分達の目標に向かって積み上げてほしいと思います。

応援しています。


笑顔

友情こそ、最高の戦術













COMMENT 0

WHAT'S NEW?