選手達の想い

 13, 2017 00:06
今日は、既にご覧になっている方もいらっしゃるかと思いますが、2012年(今の3年生が1年生の時の3年生が入学する前の年になります。)のチームの3年生が卒業する時のビデオを改めて共有したいと思います。是非ご覧ください。

絶対に負けたくない試合。ボールが動くたびの湧き上がる歓声。必死に身体をはりゴールを護る選手達。

ピッチの中はもちろん、会場全体ももの凄い熱量に包まれた試合でした。最後の帝京高校の選手達の歓喜の様子からもどんな試合であったかはご想像いただけるかと思います。その辺も感じていただけるかと思います。

https://drive.google.com/file/d/0B6A8J05uALA5aDZGRzg5VUpEeWc/view?usp=sharing

(この年は、選手権予選では地区予選から全6試合戦いました。最後の選手権予選準々決勝、対帝京戦のハイライトシーンから、他予選の一部ゴールシーン、試合の様子も映像に含まれています。現役にも繋がっている”円陣”のシーンからです)


ギリギリの勝負。何とか自分達年代で新たな扉をこじ開けたい、悔しい想いをしてきたことを全てバネにして聖地西が丘に立ち二十数年ぶりの選手権出場を手にしたい。そういう中で1年間積み重ねてきた当時の3年生を中心にしたビデオです。

この時の3年生が1年生の時、現在とはまたシステムが異なりますがTリーグで勝ち点が一つも取れずに本当に悔しい想いをしました。
そして、自分達が最後の年。色々なチャレンジに自分達が3年生としてリードして全ての学年で取り組み1年間の集大成の選手権予選に臨んだ時のビデオです。

最後には、当時の3年生のメッセージが含まれています。堀越でのサッカーについて、一人ひとり自分の声でコメントしてくれています。

いつの年代の試合も一生懸命応援していますが、選手権の予選での”最後”は本当に私も泣きました。

そして、こうした先輩達が未来の後輩達にこうしてほしいと残して言った想いがたくさん有ると思いますし、今のチームにも繋がっているはずです。

もちろん、それ以前の長いチームの繋がりがあってこそです。

改修される前のクレー(土)の時のグラウンドの映像も出てきますが、現役の選手は当時望んだ人工芝のグラウンドで頑張っています。

後輩達の頑張りを観に、改修されたグラウンドへ是非来てほしいなと思っています。


優勝の瞬間
(選手権出場を決めた時の応援スタンドの歓喜の写真。)

COMMENT 0

WHAT'S NEW?