目指してきた、聖地

 14, 2017 22:15
こんばんは。

西が丘で行われていた永井秀樹選手の引退試合を視ていました。

現役の選手達にしたら、ひょっとすると自分のお父さんより年齢が上になるくらいベテランです。
選手権が66回大会で2年生で国見高校初優勝のメンバーで、67回大会で3年生で出場されています。

(66回大会決勝 対 東海大一(現、東海大学付属静岡翔洋))
https://youtu.be/5NvSKtYHfrE

なぜ、西が丘でこの試合を開催したのか。

「西が丘は高校サッカーの頃から目指してきた、聖地。」 だからだそうです。

目指す聖地。

そうそう簡単に立てる場所ではないですね。


そして、一流のJリーガーが自分の選手としての最後に選んだ、最高の場所です。

日本サッカーの聖地

実際、場所は今の時代では狭いですが、ピッチの芝は現在国内最高レベルです。

高校サッカー(国見高校)や大学サッカーを経て活躍してきた永井選手がこの場所を最後のピッチに選んだのは、彼らしいなと私は思いました。

レジェンドと呼ばれる選手達が彼のラストピッチのために、聖地に集まっている様子はなんとも言えない光景でした。

蛇足になりますが、


ちなみに、永井秀樹選手は、永井篤志さんという弟がいます。やはり国見高校でした。

元Jリーガーですのでご存知の方も多いかと思います。三浦淳宏さん(元Jリーガー)と国見高校では同級生でした。ともにMF。

この2人が国見高校で、高校総体(インターハイ)に出場した時に、堀越もインターハイに出場しており(2度目の時)、堀越対国見というカードが第2回戦で実現しています。

結果は、三浦淳宏さんの1点を含む3得点を許し、1-3でした。

(3度目に高校総体に出場した時にもやはり国見高校と対戦。その時は初戦です。)



最近見つけたのですが、yourtubeに今の3年生が1年生の時の、西が丘での選手権予選の決勝戦のTV中継が若干編集されて動画になりアップされています。

当時、録画をされている方も多いかと思いますが、

忘れてはいけない試合であると思います。

3年生は、先輩達とチームとして「一緒に過ごした」時間がありますね。

動画のタイトルが、「東京B決勝 帝京×國學院久我山」となっていますので、開かないとわかりませんが、

内容は、A決勝「堀越 X 駒澤大学高」です。
<動画>
https://www.youtube.com/watch?v=ZF4KJSqdoj8&t=616s

<その時のアルバム>
https://goo.gl/photos/VNdzrQPLYidsX84K7


(おまけ1・ その時の準決勝@西が丘 対多摩大目黒 得点シーン中心の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=Sey6Q1XH6cg&t=29s


(おまけ2・ その時の準々決勝 対関東第一 得点シーン、ハイライト)
https://drive.google.com/file/d/0B6A8J05uALA5TGpqdjNPNEc1cVE/view?usp=sharing


<昨年の西が丘でのチャレンジ>
DSC_9865.jpg

DSC_9624.jpg

DSC_9962.jpg

DSC_9630.jpg

DSC_9603.jpg

DSC_9633.jpg

COMMENT 0

WHAT'S NEW?