Tリーグ第14節お疲れさまでした。

 03, 2017 22:07
Tリーグ第14節

対 東京実業高校
前半 0-2
後半 0-1
合計 0-3

選手、スタッフの皆さんお疲れさまでした。

国士舘高校、國學院久我山Bに続く3連戦の3戦目。選手達はリーグ3連勝を目指していたと思いますが、このような結果で終わり、残念ながら勝ち点を得ることは出来ませんでした。

何とか流れを引き戻そうと交代枠も使い、交代で入った選手達も一生懸命に最後まで戦っていました。

リーグ戦で勝ち点1の重み、得失点1点の重みの中で、色々なチームと試合が経験できるということはこういうことで、ここで得るものは大きいと感じた試合でした。

前節、堀越の試合の翌日のナイターと堀越同様に連戦であった東京実業の皆さんがこの試合で何をしたいのかということも感じましたし、結果こそこうなりましたがとても良い試合であったと私は感じています。

堀越のグラウンドに東京実業の関係の方も大勢いらしてくださいました。有難うございました。

卒業生と簡単な立ち話をしました。春から随分積み上がっていると思わないか?と話をしました。そのことは彼らも同意をしてくれました。また、後輩達に会いにきてほしいと思います。

さて、

最近の堀越は、アップが終わり簡単なミーティングの後に試合が始まる前に選手達が円陣を組みます。そこで、リーダーの「口上」がありそれに選手達が応えていくのですが、それがとても素晴らしいものでした。

色々なものに感謝をして戦おうというものでした。

チームが一生懸命戦おうとしていることがとても伝わりましたし、これを聴いて応援しようと感じない人はきっといないと思います。

ピッチに入る時はそのようにしてピッチに入っていきますし、試合に勝っても負けてもしっかりと相手チームのベンチのみならず相手の応援の皆さんにもしっかり挨拶をしてピッチを出ます。

Good Winner, Good Loser 良き勝者、良き敗者

試合に関わる人たちへのリスペクトの姿勢をしっかりと示してくれています。こういう姿勢でピッチを出ることができるということが本当に大切なことだと思います。勝っても、負けてもサッカーは続くのですから。

今日も、東京実業の応援の皆さんがたくさんの拍手で堀越の選手達に応えてくださっていました。そのことが本当に私は嬉しかったです。


今日の試合は、2連勝からの3戦目で、選手達も自分達の一つのスタイルを掴めはじめたところでの試合であったと思います。

結果はこうはなりましたが、全てが悪かったとは私は思っていません。要所で春からの積み上げを感じることがたくさんありました。選手達は改めて勝ちを掴み取る難しさと言うことも感じたと思います。

しかし、サッカーは面白いスポーツでコンディション良くキレキレの状態で、あの試合ではあの選手が活躍したからと言うことが、次の試合では全く違う展開になったりします。チームとの連動や相手との駆け引きなど色々な要素が瞬間瞬間に出てきます。

だからこそ、「選手主導、全員主役」と言う堀越のサッカーのキーワードが出てくるのではないかと思います。

今日の試合は、堀越の選手達がやろうとしていたことと、東京実業の選手達がやろうとしていたことが試合の中ではっきりと出ていて面白い試合であったと私は感じました。「感じるサッカー」からまた違う結果になっていたかもしれないとも思いました。

こう言う結果で終わると、当然ながら私の帰り道の足が重くは感じます。悔しいです。

しかし、それはチームが一番に悔しいと思いますので、ひたすら応援するしかないと私は思っています。

結果、このようになったのですが、何故?と言うことをしっかり分析をしてみると、ここまで積み上げてきたものがより積み上がっていくのではないでしょうか。

相手を感じると言うこと。

もっとやれていないといけない局面も確かにあり、得点できなかったところ、失点に繋がったポイントもあると思いますが、東京実業の選手達がやりたかったことに対して、自分達が何をしようとしていたのかを良く分析してみると良いなと感じました。良かったところもありましたし。

今日の試合も、ゴールポストに嫌われてしまう場面があったりしました。

あと1cm、2cm。

オフザピッチからも細かいことに拘りながらも、より「大胆に」「泥臭く」また上を向いて勝負をしてみてほしいです。

2学期が始まりました。

一番長い2学期が始まったところで、高校サッカーでは一番動きがある季節です。

特に今年は選手権予選の開幕から閉幕も短期になったりしています。一日、一日の積み重ねを。


バックスタンドも改修が終わりました。


今まで歴代堀越のサッカーを支えてくださってきた大勢の皆さん。


綺麗になったグラウンドへ足を運んでいただき、現役のチームの試合を応援してあげてほしいと感じています

応援しています。


IMG_9477.jpg




COMMENT 0

WHAT'S NEW?