新人戦選手権

 24, 2017 22:43
こんばんは。

Tリーグ(T2)の延期分の試合スケジュールが発表されていました。今季の堀越のTリーグのこと、今季のことは、関係する全ての試合が終わってから振り返られたらと思います。

今年の選手権予選は例年より遅く開幕しましたが、各地区で行われる「新人戦選手権」は例年通りの日程で行われるようです。

選手権と名のつく大会は、所謂「選手権」とこの新人戦になります。(一般的には「新人戦」と言われる大会です。)ある意味、もう一つの選手権なのかな?と。

11月12,19,23,25,26日
12月2,3,9,10,16,17,23,24日

だいたい、この辺の日程になってきます。(決勝まで5−6試合)

ちょうど、今頃組み合わせや、会場の調整をしていると思いますので、月末か月明けに発表されてくると思います。

現役の皆さんは、2月にTリーグに開幕し、4月の関東大会予選(都大会)と、ここまでこの季節の「新人戦選手権」は初めての体験になると思いますが、選手権の予選の結果により対象となる大会です。

都内高体連の1〜8地区別で行われる地区の大会になります。(堀越は5地区)

この大会は、Tリーグのカテゴリーによる免除はなく、選手権予選の結果により対象が決まる大会です。
(他県では、選手権出場校も新人戦の対象としている県もあります。)

また、他の大会と異なるのは、インターハイ予選や選手権予選のように小さなブロックでのトーナメントではなく、地区で1つのトーナメントとなります。

よって、決勝まで勝ち上がりが5−6試合と新チームがトーナメントの試合を経験できるようになっています。

決勝戦まで進出すると、大会としては完結するのですが、3大会の1つである4月の関東大会予選都大会(32チーム出場)の権利を得ることになります。

今季のTリーグも延期分も一部まだ全て終了していませんが、新チームの最初のチャレンジの舞台新人戦で新チームがお披露目されることになります。

考え方によっては、Tリーグの前に早速トーナメントの試合を経験できるのですから、フレッシュな新チームがチームづくりをしていくにはとても良いチャンスと思いますし、できる限りの準備をしてチャレンジしてみてほしいと思います。


新チームとしては最初の大会になりますが、今年最後の大会です。

これを終えると、早くも年越しです。


IMG_9915.jpg

COMMENT 0

WHAT'S NEW?