リーグ戦(T2) 全日程終了

 06, 2017 23:25
こんばんは。

昨日、延期分の駒澤大高と東海大高輪台の試合が行われ、今年度のTリーグ(T2)の試合は全て終了しました。

これにより、堀越は今年度第7位で終了しました。

勝ち点1、得失点1の重みの中で、最後まで厳しい競争の中で繰り広げられたTリーグ(T2)もこれで閉幕です。

今後、振り返りをしていきたいと思います。

なお、堀越の新人戦は11月19日が初戦とのことですが、もうそろそろ正式に組み合わせと日程が高体連のHPで発表されてくるかと思います。



http://www.tleague-u18.com/index.html
IMG_0235.jpg


Tリーグは、T1では数試合延期分がありますし、T3、T4の順位決定戦も行われます。

来期のTリーグの編成については、プレミアリーグ、プリンスリーグと関係するリーグも含めた全体像と関わってきます。

Tリーグを含めて3つのリーグが関わり合い、昇格、残留、降格と決定してきますが、それぞれのレギュレーションからの状況を今の段階で整理すると様々な条件が想定されるためパズルのように複雑です...。 これから行われる試合を共有します。

(直に堀越とは試合はしませんが、リーグの枠組みの全体像の中では関係しています。)


プリンスリーグ関東
16〜18節 12月10日(最終節)
*東京からは、三菱養和SCユース、東京ヴェルディユース

プレミアリーグ・イースト
16〜18節 12月10日(最終節)
*下位2チームは、プリンスリーグへ自動降格
*リーグ全10チームのうち、7チームが関東。
*東京からは、FC東京U18

プレミアリーグ参入戦
12月15日・17日
各プリンスリーグ 上位の出場権(=最大参入数(結果により0の場合もある)
北海道・東北・四国:1 北信越・東海・関西・中国・九州:2 関東:3

プリンス→プレミア 参入数による、
プレミアリーグからの自動降格下位2チームが関東と想定し、
各都県リーグからのプリンスリーグ参入(定数2チーム)を踏まえた、

プリンスリーグ関東の降格ライン
(プレミア→プリンスへの自動降格の2(最大)がプリンスリーグ関東と想定して)

プレミアリーグ参入戦の結果(関東から最大3チーム)、
昇格チーム0の場合、7位  → もっとも厳しい条件を想定
昇格チーム1の場合、8位
昇格チーム2の場合、9位
昇格チーム3の場合、10位
(降格は、各都県リーグへ)


プリンスリーグ参入戦
12月23日、25日 (@埼玉県)
*対象: 今年度T1リーグ1位、実践学園。
初戦は、対前橋育英Bの予定 



参入戦: トーナメントにより関東各都県リーグより2チームのプリンスリーグ参入を決める
http://www.ibaraki-fa.jp/2/document/2017prince_kantou_sannyu_kumiawase0919.pdf




COMMENT 0

WHAT'S NEW?