「ホームグラウンド」でTリーグ開催

 08, 2017 23:12
今年のTリーグを振り返ると外せないことは、グラウンドの改修工事が完了し正真正銘「ホーム」でホームチームとして試合を行えるようになったことと思います。

後期戦に入り7月16日、後半戦開始の第10節目である、第11節。当初の予定通り工事も間に合い、この日にホームグラウンドでのTリーグの開催が行われました。

ピッチサイズ「105m X 68m」と国際試合を行う基準も満たすサイズのピッチ、最高レベルの人工芝他、サッカーの試合に必要なラインのみが引かれた専用グラウンド、新たに新調された最新のゴール。ボールも新たに手配されていました。(また、その後10月までにバックスタンドも新調され、選手権の予選では多くの方でバックスタンドも埋めました。)

前半戦に悔しい想いをしながら経験したことをバネにしていくという面でも、この最高の環境を与えてくださった全ての人に感謝しようという想いも、先に行われたグラウンドのオープニングマッチからも選手達から感じられ、この日初めてホームグラウンドで行われたTリーグは「4-0」という結果で終わり、今季念願の勝ち点3を得ることに繋がりました。

諦めずに一生懸命積み上げ、感謝の気持ちを持ってこの新たな最高の環境で頑張る。そういうことが選手達の中に芽生えてた試合でもあったと思います。


そこから、後期の全9節はホームチームとして、相手チームはもちろんのこと、Tリーグを観戦にいらっしゃる方をお迎えするという取り組みも重ねていきました。

今まで行っていたグラウンドのライン引きや、グラウンド整備も殆ど行う必要が無くなりましたが、これからはホームグラウンドで行われる試合へどのようにいらっしゃる人をお迎えして試合を運営していくのか。

そういう取り組みを皆でする経験ができます。自分達のサッカー、試合に関わることにどのように拘っていくのかという面でもこの新たな環境でできるTリーグは最高の舞台になっていくことと思います。そのことが、自分達のサッカーの質を高めていくことに繋がっていく。

継続して行えるTリーグは、そういうオフザピッチを含めて新たなホームグラウンドが舞台になりました。

つづく.....

IMG_8551_convert_20170716204604.jpg

IMG_8548_convert_20170716204417.jpg

IMG_1666.jpg

IMG_0160.jpg





COMMENT 0

WHAT'S NEW?