選手権予選閉幕。

 11, 2017 23:07
東京の選手権予選が本日閉幕しました。

各地区の新人戦も始まっており、高校サッカーは終わっていくものと、始まっていくものがちょうど交わる季節です。

来週の日曜日には堀越の新人戦が始まるのですが、

ちょうど、4年前の冬の新人戦のこと、3年前の選手権予選決勝のことを思い出しました。

その年は、選手権予選はベスト16で惜敗もT1リーグへの昇格のチャンスを残した年でした。新チームとして新人戦を迎える一方、3年生を中心にTリーグも最後まで準備をして戦うという、同時並行の今頃の季節を過ごしていました。

新チームは負傷者もいたりこそしましたが、2戦目に敗退をしてしまい、12月末のT1リーグ参入戦を1〜3年生皆で戦うという状況でした。

新人戦の難しさも感じたのですが、新チームのスタートとしては選手達も不安があったと思います。

3年生を中心に頑張り、T1リーグ昇格が決まり、1月から完全に新チームのみの活動がスタートしました。

「目の前の試合に勝つことだけを考えよう」 チームへのキャプテンのそのような投げかけも思い出されます。

2月のT1リーグの開幕から一生懸命積み上げて、最後の選手権予選では二十数年ぶりにファイナリストとして戦う機会を得ることができたシーズンでした。

シーズン、新人戦での敗退からのプロセスの中で色々なことあり、辛いこともあったけれど最後まで良く頑張った素晴らしいシーズンだったなということを思い出したしました。

選手権ではベスト8の大きな壁を破りベスト4へ、一つひとつ。というふうに戦っていた予選でした。

新チームとしての新人戦の頃には、もちろん最後に目指すものとしてはあっても、予想もしなかったことが現実になった。選手達が頑張ればこうなるということを証明してくれたシーズンであったと思います。

今年のチームも、新人戦からの新チームのスタート。

これを好機に、ここからどんなシーズンになっていくのか。

新チームの堀越のサッカーを、本当に楽しみにしています。

IMG_0249.jpg

DSC02304.jpg

IMAG1670.jpg

IMAG1674.jpg














COMMENT 0

WHAT'S NEW?